誰もが理想とする注目の仕事を探せる

求人広告

基本的に大工の世界は職人の世界であり、親方が弟子を一人前に育てなければ そういうこともあって大々的に求人広告を出すということ自体が未だに一般的とは言えない状況となっております。そうなれば求人広告を出してもそもそもまともに求職者にそれを認識されないことがままあり得ます。これこそが大工求人の歴史であり、少なくとも戦後から概ねこうした傾向を示しておりました。 それが近年では大手の求人広告サイトに大工の案件が公開されることも珍しくなく、そういうこともあって徐々に大工の仕事は一般職として認識されるようになっております。それでも如何せん大工の仕事は肉体を酷使する激務であり傷病に陥らないための工夫を要するため業界において慢性的な人手不足が見られております。 現代日本においては健全な精神と健康な肉体、そして若さを有した男性でさえあればほぼ間違いなく大工の求人に採用されます。万が一不採用に終わっても次々と求人に応募すれば間違いなく採用されると割り切ることが適切です。

今後の動向については大工の求人が一般公開の度合いを増すかどうかという問題であると言えます。もしそうなれば技術者を教育するという行いは業界内部で見られなくなってしまい、大工が単なる人夫として扱われるようになると予測されます。そうでなければ概ね現状を維持するということになります。 歴史的に見ても日本の法律は大工に対してかなり有利にできており、昭和時代よりも施工に対する責任の重さが増して同業者の絶対数が増加した現在でも尚それは然程変わりません。だからこそ未経験者を高待遇で雇い入れても業者の経営が十分に成り立つのであり、労働者にしても身一つで生計を立てるに困らないほどの収入を得ることができるのであります。